サンフランシスコジャイアンツ

サンフランシスコジャイアンツ

2006年7月サンフランシスコで雑誌の撮影が順調に終わり、空き時間に何をするかを編集者と話し合い。2006年の5月にサンフランシスコジャイアンツのバリーボンズがロッキーズ戦で715号を放ちベーブ・ルースの記録を更新して日本でもニュースになり、ボンズが打った打球がライトスタンドを超えて海に消えて行き、ファンがボートやカヌー、船などで待ち構え、海に飛んできたホームランボールを網ですくって取るシーンが放送されていたので、サンフランシスコに来たらBEASEBALLだと意見が一致して急いで、デーゲームが行われるSBC PARKへ。


対戦相手がロサンゼルスドジャースと言う事もありチケットが取れるのかと言う不安と初めてメジャーリーグの試合が見れるかもと言う期待がいじまじり歩くスピードが上がる。
SBC PARKに向かう途中頭にグローブをのせてるおじさんを見つけた、絶対撮影したいと思い不慣れな英語で「写真を撮らせてくれませんか?」と話しかけたおじさんは「いいよ。どこから来たの?」と逆に話しかけてくれた。「日本からです」と答えながらフィルムカメラを用意して必死にシャッターを2回切った。

あまりにも緊張していた為、名前を聞くのも忘れたのを今でも後悔してる。この時撮影した写真がきっかけでアメリカの野球をテーマにした写真集が作れるなんて20年前の自分には想像出来なかった。

 

ブログに戻る